韓国ドラマNews!|あらすじ・相関図・キャストを徹底紹介!

韓国ドラマNews!|あらすじ・相関図・キャストを徹底紹介!

韓国ドラマのあらすじ・相関図・キャスト・相関図を徹底紹介していきます!

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ10話~12話-最終回まで感想付き

f:id:saitomatome555:20171021011017j:plain

最高視聴率36.4%!!!「奇皇后」のペク・ジニと「純情に惚れる」のユン・ヒョンミン主演!!!

「いとしのクムサウォル」 全話紹介します!

「いとしのクムサウォル」 あらすじ感想キャスト相関図など!最終回まで感想付きネタバレしていきます!

本作は、複雑な家族関係の話になります!

ドゥゲとミノは将来を約束した仲でしたがマヌの策略によってその約束は叶いませんでした。そんな状況でありながらドゥゲはサウォルというミノとの子供を授かりました。しかし、育てるわけにもいかないので、サウォルを施設に預け、マヌと結婚しました。ですがある日、マヌの策略に気づき始めて…

■いとしのクムサウォル概要

ドゥゲとミノは将来を約束した仲でした。

しかし、マヌの策略によってその約束は叶いませんでした。。

その後、ドゥゲはミノとの子供を産むのですが、流石に育てるわけにもいかないので施設に預けました。

その後、ドゥゲはマヌと結婚する事になりました。

しかし、月日が流れ、マヌの策略がバレてきてしまいます。

一番の被害者とも言える、ミノは絶対に彼の事が許せなくて…

こうしてドロッドロの親族争いが幕を開けたのです…

こんにちは!!!

韓ドラファン歴5年のユッキーです!!!

今回は、韓国ドラマ、「いとしのクムサウォル」 のあらすじ、10話,11話,12話感想とともにご紹介していきます!

是非最後までご覧ください♪

■前回(いとしのクムサウォル-あらすじ7話~9話)のあらすじ

ヘサンは養子になり、ミノとジヘと一緒に暮らすことになりました。

ヘサンは、実の子供が自分ではなく、サウォルだということを知っていました。

その為、敵対心を抱き、ヘサンはサウォルをいじめていました。

そして、さらに17年の年月が経ちました。

ヘサンがドゥゲの本当の子供ではないことが、とうとうドゥゲに知られてしまいました。

その事実を知ったドゥゲは衝撃を受けました。

とうとうすべてが明らかになってしまいましたが…。

さて、10話~12話はどうなるのでしょうか?

■いとしのクムサウォル-あらすじ10話

全てを知ったドゥゲでしたが、現実を受け止められずにいました。

事実を知った上で、ヘサンと一緒にショップへ行ったドゥゲでした。

それでも現実を受け入れようとはしないドゥゲは、実の子供はヘサンだと確信が持てるように確かめたいことがありました。

実は、ドゥゲの子供には、大きなほくろが足にありました。

ですが、ヘサンにはほくろがなかったのです…。

これを確認したドゥゲは、ようやくヘサンが本当の子供ではないことを受け入れることができました。

ミノとジヘに本当のことを聞こうと2人の元へ向かいました。

聞きたかったことは、養子にした頃のことや保育園でのことでした…。

☆いとしのクムサウォル-あらすじ10話の感想☆

なかなか、そんな現実を受け止められませんよね。

ヘサンの事は大事に思ってはいるとは思うのですが、それとこれとは話が別ですよね。

なにより問題なのは、じゃあ自分の本当の子供はどこに行ったの?ってことですよね(笑)

さて、そういうわけで、ドゥゲは現実を受け入れ前に進もうとしています。

果たして真実にたどり着けるのでしょか?

■いとしのクムサウォル-あらすじ11話

ほくろがあったのはヘサンではなくサウォルでした。

それを目の当たりにしたドゥゲは取り乱してしまいました。

それでも実の子供を見つけたドゥゲはサウォルに微笑みかけました。

その場にジヘが表れ、ジヘは安心した様子でした。

少しして、遺伝子チェックをドゥゲ自身が行い、本当の子供としてサウォルを受け入れることができました。

サウォルに対して本当に酷いことをしていたことを思いドゥゲはとても悔やんでいました。

そんな中、マンフはドゥゲを監視していました。

ドゥゲの一挙一動見逃さないよう、マンフはドゥゲを見張ろうとしていました。

☆いとしのクムサウォル-あらすじ11話の感想☆

ここに来て、自分の娘だと言われてもなかなか困った事ですが、だからと言って、無視するわけにもいきません。

そして、とりあえずは自分の子供なので愛想を良くするのですが…

しかし、後悔はしてもし足りないでしょう。

ですが、どこかで区切りをつけて前向きになってほしいですよね。

さて、マンフですが、何を企んでいるのでしょうか?

■いとしのクムサウォル-あらすじ12話

サウォルはとてもいい子で誰からも好かれるような女の子でした。

彼女の近くで彼女のいいところを目の当たりにしていたチャンビンは少しづつ彼女のことがほっとけなくて仕方がなくなっていました。

彼女が女性なのだと感じ始め、彼女に対しての態度もだんだん変わってきたチャンビン。

いつ何時でもサウォルの行動がいちいち気になりだして、目を向けるようになってしまっていたのでした。

サウォルの近くで驚くべき変化があったにも関わらず、サウォルは他にもっと大変で、もっと大きな悩みがあったのでした。

サウォルはとにかく頑張っていました。

しかし、頑張っているサウォルに対して…。

☆いとしのクムサウォル-あらすじ12話の感想☆

チャンビンが早速、サウォルを意識し始めていますね。

やはり、元気で優しい女性と言うのはどこでも人気がありますよね。

ここから二人の関係にも注目ですね。

さて、サウォルですが、なかなか大変そうですよね。

頑張ってどうにか乗り越えていって欲しいのですが…

【いとしのクムサウォル13話~15話】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ13話~15話-最終回まで感想付き - 韓国ドラマNews!|あらすじ・相関図・キャストを徹底紹介!

【いとしのクムサウォル全話一覧】

韓国ドラマ-いとしのクムサウォル-あらすじ全話一覧-相関図-キャスト - 韓国ドラマNews!|あらすじ・相関図・キャストを徹底紹介!